2010年06月09日

やさしい発進を心がけましょう

ふんわり発信

「やさしい発進を心がけましょう。」

 普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20kmが目安です)だけで11%程度燃費が改善します。やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕を持って、ゆったりした気分で運転しましょう。



■ 「ふんわりアクセルeスタート」とは燃費を向上させる「やさしい発進」の名称のことです。
平成17年に公募の結果、エコドライブ関連4省庁にて構成される「エコドライブ普及連絡会」で決定されました。 

■ 「ふんわりアクセルeスタート」の加速イメージをご覧になりたい方は、チームマイナス6%のホームページへどうぞ。
ReCooでも詳しい解説をしております。

■ 車は、乗用車でも1t以上ある重量物です。重い物を急に加速するには、ゆっくり加速するより大きなエネルギーを必要とします。このことから、車は発進時に最も多く燃料を消費しますので、ゆっくり発進することが燃料の大きな節約となります。

■ 特に、現在国内の乗用車の大半を占めているAT車(自動変速車)では、ゆっくりした発進が効果的です。

■ MT車(手動変速車)では、早めのシフトアップと高速段ギアの使用が有効です。

■ エンジン始動時にアクセルを踏み込まないようにしましょう。アクセルを踏み込むと、余分な燃料を消費してしまいます。また、シートベルトをしてからエンジンを始動させましょう。



posted by エコロジー推進委員会 at 15:57| Comment(0) | やさしい発進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。