2010年06月09日

適正なタイヤの空気圧を保ちましょう

適正なタイヤの空気圧を保つ



「タイヤの空気圧を適正に保つなど、確実な点検・整備を実施しましょう。」

 タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/cm2 )不足した場合、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化します。また、安全運転のためにも定期的な点検は必要です。



■ タイヤは完全密閉ではありません。
空気の分子が、ゴムの分子の中を少しずつ通り抜けて行き、タイヤの空気圧が低下していきます。

■ 空気圧はタイヤの中の空気の温度で変化します。
秋から冬にかけては、気温が下がるため空気圧も減少します。
タイヤの空気圧は、走行でタイヤの温度が上昇する前に計測してください。

■ タイヤには指定空気圧があります。
安全で、燃費よく走れるという数値が指定空気圧です。
運転席側ドアの隅かセンターピラーに表示されております。

posted by エコロジー推進委員会 at 16:18| Comment(0) | 適正な空気圧を保つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。